レビュー

Horizontal Scroll
  •  

発売予定

  フレームアームズ・ガール スティレット XF-3 全高約175mm NONスケール プラモデル                

【レビュー】フィギュアライズスタンダード 仮面ライダージオウ レビュー

Figure-rise Standard 仮面ライダージオウのレビューです。

シールはカブトファイズに比べるとかなり少な目。

本体の色分けは意外と使われている色が少なくそれほどシールも多く使わずに再現。
時計のベルト型の部分も綺麗なシルバーでイイ感じ。
しかし手の指の部分の赤がシールもなく省略されているのがイマイチ全体に締まりの無いように見えてしまうのが気になる所。

   

目の部分は通常通り銀シールの上からクリアパーツで
目のライダー字の部分はクリアパーツの上に黒いシールを貼って再現。
しかし黒部分が足りなくていまいち「ライダー」に見えない。
指部分の赤といい塗装見本に比べるとかなり遜色がある。

背中部分にはカメンの文字デティールがしっかりと。

足裏にはキックの文字デティールが。
しかしシールは無し。

  

ジクウドライバーとライドウォッチホルダー。
極小ながら精密に印刷されており、特にライドウォッチホルダーは余程目がよくないと見えないレベルだがしっかり模様が印刷されている。

ジオウはカブトやファイズと構造が異なっておりポリキャップパーツを一切使わず全てPS素材で構成されている。
可動に関してはほぼ変わり無いがカブトやファイズと比べて足首の可動がかなり制限されており、ほぼ曲がらない。
これはジオウの足の形状のせいもあるかもしれない。
そのせいで腰を深く落とすような足首に角度が付くポーズは苦手。
しかしポリキャップを使っていない分各部の関節は硬めなのでポーズは決めやすい。

付属品各種。
オプションがジカンギレードのみなので他ライダーに比べると少な目。
ポーズ用の指は左手用のみ。右手でポーズを取ってる画像等もあるが・・・。

  

  

ケンモードと銃モードは差し替え式。
ライドウォッチ装填ギミックは無し。

以下、ポージング。


フォームチェンジ前提のライダーの宿命ではあるが基本フォームのみだとオプションも少なくかなりあっさり目な印象。
また色も微妙に足りない部分が目立つ。
特に目の部分の「ライダー」字部分は塗装見本のようにもうちょっとハッキリわかるように頑張って欲しかった所。
指部分の赤だけでも部分塗装すればかなり引き締まりそうですね。
来月にはゲイツも発売ということでジオウⅡやオーマジオウのフィギュアライズ化も期待したいですがどちらも見るからに立体化殺しな形状をしてますしどうなるか・・・。

以上、Figure-rise Standard 仮面ライダージオウのレビューでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする