レビュー

Horizontal Scroll
  •  

発売予定

  フレームアームズ・ガール スティレット XF-3 全高約175mm NONスケール プラモデル                

【レビュー】フィギュアライズスタンダード 仮面ライダーファイズ レビュー

Figure-rise Standard 仮面ライダーファイズのレビューです。

まずは付属シール。
カブトに比べると台紙のサイズは半分程度ですが細かいシールが多いので枚数はほぼ同じ。
しかしほぼ武器やアクセルフォーム形態の胴体部に使うので本体のシールは少な目。

    

黒部分の赤ラインはほぼ別パーツで色分けされているし全体を通るラインがしっかり繋がっている感じがして完成度が高い。

シルバーは粒子粗目で実際のスーツの反射っぽく光って再現度が高い。
目の部分も内側のデティールまでしっかり再現。

基本的にはカブト等とほぼ同じ作りなので可動に関しては全く問題無し。

 

足裏にはびっしりモールドが入っているので上からシールを貼るのが若干勿体なく感じる。

付属品一覧。これらと更ににクリムゾンスマッシュ用エフェクトが付く。
武装がそれほど多いわけではないが各武装にミッションメモリーの有り無しのバリエーションが有るので数が多めに。
武器持ち手は通常とトリガー指かけ二種、どちらも右手用のみ。

 

ベルトのファイズフォンはミッションメモリの有り無しで差し替え式。

どちらもちゃんと装着状態のまま開閉できる。

 

ファイズショット。

なんとこのサイズでちゃんとホルダーに抜き差しできる。

ミッションメモリー無しバージョン。
こちらは一体成型で分離ギミックは無し。

ファイズエッジ。
刀身の赤部分はシールも無しで塗装が必要。

 

フォンブラスターはファイズフォンとは別でブラスター専用のパーツが付属。
ポインターも装着可。

一応ベルト用のファイズフォンも変形して持たせることができるが流石にかなり小さめ。

 

ポインターもミッションメモリー有り無しの2パーツ。
勿論腰、足、どちらにも取り付け可能。

クリムゾンスマッシュエフェクト。
2パーツの上下組み合わせ式。流石にオリジナルに比べるとサイズはかなり小さめ。

ファイズアクセル。
ちゃんと胸が開くギミックと胸部のデティールも入っているがかなりのシール地獄。
説明書にさらっと「アクセルフォームの再現は塗装が必要です」とか書いているが普通にカラバリで出して欲しい所。

以下、ポージング等


「Exceed Charge」

こちらもカブト同様に本体は成形色も綺麗で非常に完成度が高いですね。
武器に関してはシールべったりで若干お察しなところがありますがファイズショットが収納から取り出しまで完全再現されてるのは素晴らしかった。
できればアクセルフォームも早めに発売して欲しい所です。
ただのカラバリですし出来なくはないと思うんですが・・・。

以上、Figure-rise Standard 仮面ライダーファイズのレビューでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする