レビュー

Horizontal Scroll
  •  

発売予定

  フレームアームズ・ガール スティレット XF-3 全高約175mm NONスケール プラモデル                

【レビュー】ヘヴィウェポンユニット22 エグゼニスウイング レビュー

ヘヴィウェポンユニット22 エグゼニスウイングのレビューです。

パーツ一覧。
本体用のパーツの他にアーキテクトに腰に3mm穴を増設する為のパーツが付属。

  

まずは各パーツの紹介から。
基部となるエグゼシールド。
裏面には3mm軸が折り畳みで上下二つ付いている。

ピストルダガー。
ピストルというよりは銃型の短剣といった感じ。
クリアパーツを取り付け可能。

  

ブレードウィング。
これ自体に持ち手は付いていないので武器として使う場合は他パーツと組み合わせて使用。

マルチガン。
主に他のパーツと組み合わせる基部等に使用。

組み合わせてフライトモードへ。
公式ブログでも作例が公開されているが戦闘機型のモノを作る際にも非常に使い安そう。
大きな欠点として本体へのピストルダガーの取り付けが3mm軸ではなく角部分のはめ込み型になっているのだがこれがユルユルすぎてどうしようもないレベル。
自分は2個購入したが4個中1個だけが辛うじてはまる程度。
仕方ないので結局瞬着で太らせて対応したが若干設計上の欠陥を感じる。

パーツの向きを組み替えてアタックウィングモード。

他にも各パーツの組み合わせで様々な武器に組み替え可能。数が多いのでざっと一部を紹介。

グレイブシールド

ライフルブレード

ブラスター

ダブルブレード

アロー

最後に大物、バスターブレード。
他にも各部が如何様にも組み合わせできるのでクリアパーツも含めて色々な形態が作れる。
他のM.S.Gも組み合わせれば可能性は無限大。
ウイングとしてだけでなく武器の基部パーツとしても非常に優秀。



バスターブレードはほぼ全パーツ詰まっているだけあって相当な重量。
関節を強化しないと補助無しで持つのはかなりのバランス感覚が必要。

  

スティレット+フライトモード。流石よく似合う。
ただスティレットの背中に取り付ける場合は本体の3mm軸が短いのでジョイントで延長が必要。
エグゼニスウィングの欠点と言うかは微妙だがFAは背中の真ん中に3mm軸が空いている物というのが意外に少なく無加工で取り付けられる機体が意外と少ない。
また背中に3mm穴があってもジョイント等でスペーサーを作らないと干渉してつけられなかったりする。(ジィダオとか)

クリアパーツを取り付け。
エナジーウイングっぽい感じ。

  

バーゼラルド+アタックウィングモード。
バーゼラルドの腰部マウントが良い感じのスペーサーになって干渉せずに取り付けられて便利。
個人的には「ウイングと言えば背中だろう」というイメージだったが腰付けも中々悪くない。

当然ながら武器を使うにはウイングをバラさなければいけないし逆もまたしかり。
ということで2個買いでウイング+武装してみる。
メガスラッシュエッジよりもバリエーション豊かな武器を作れるので非常に使い勝手はいいのだが組み合わせ系の定めとしてどうしても重量が重くなりがちなのが欠点か。

ダブルバスターブレードで締め。やじろべぇ状態になって意外と保持できたのに驚きである。
以前から要望の多かったという背部ウイング型キットということで期待以上のかっこよさでした。
しかしやはりフレームアームズにポン付けできるキットが少ないのが難点ですね。
まぁ3mm穴を開けてしまえばいいだけの話なんですが。
個人的にはどちらかというとウイングとしてより組み替え武器としての使い勝手の良さが気に入りましたね。
他のM.S.Gと組み合わせて武器とかバックパックとか支援機とか色々作れそうで夢が広がる。

以上、ヘヴィウェポンユニット22 エグゼニスウイング レビューでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする