レビュー

Horizontal Scroll
  •  

発売予定

  フレームアームズ・ガール スティレット XF-3 全高約175mm NONスケール プラモデル                

【レビュー】figma オーバーウォッチ リーパー レビュー

figma リーパーのレビューです。

オーバーウォッチfigmaシリーズの新作、リーパー。色々とフィギュア化するにはめんどくさそうな部分が多いですが・・・。

マッシブな体系とたなびくコートを見事に再現。
ゲーム中では自キャラをじっくり見ることが少ないのでわかりにくいが腕部分は実は素肌なのもポイント。

バックル等の小物からブーツの造形、各所の傷など非常に細かく作り込まれている。
塗装も細かく塗り分けられておりこの辺は文句無しのクオリティ。

コートは重なり合うように2分割されており腰部分で可動。
シワの付け方が良い感じでたなびいているように見えて非常にかっこいい。
ただ厚みがあって重さもそこそこなので自立にはかなり影響がでる。
またコート部分がスタンドに干渉しないようにアーム部分の延長パーツが付属する。

首を動かす際はフード部分を取り外す。
このフードが唯一にして最大の不満点でフードと胴体の間に結構大きな隙間が出来てしまう。
また首自体もフードに干渉するので横を向かせたりすることはできない。
わかっていたことではあるがやはりフードは可動フィギュアの鬼門か。

オプション。

ヘルファイア・ショットガン。流石に一部デフォルメされているが細かい装飾も再現されていて塗り分けも綺麗。
持ち手がしっかり引き金に指がかかるようになっているのが素晴らしい。

エフェクトパーツ。クリアではなくマット仕上げ。
ショットガンが大型でエフェクトパーツを付けるとかなりの重量になる為デスブロッサム再現は結構腕に負担がかかる。


シャドウ・ステップエフェクト。
流石にレイス・フォームは再現不能で特に無し。

付属のハンドパーツでハイライトイントロの再現等は大体可能。
しかしリーパーは結構首を傾けたり腕を捻ったりフィギュア的に厳しいポーズが多いので完全再現は難しい。

基本ポーズ。

見慣れた姿。


唯一フード周りの仕様に難があるがそこ以外は完璧な出来で素晴らしいと思います。
プロポーションに関しては正にゲームそのものと言った感じでプレイしながら横に飾って置くとモチベーションアップ間違いなし。
これからもゼニヤッタやファラのfigmaも発売予定ですがやはり一番期待したいのはラインハルトだけど・・・。
ボリューム的にムリがあるか・・・。通常のfigmaの3倍くらいのサイズになりそうだし。

以上、figma オーバーウォッチ リーパーのレビューでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする