レビュー

Horizontal Scroll
  •  

発売予定

                

【レビュー】メガミデバイス 武装神姫 猟兵型エーデルワイス【コトブキヤ】

メガミデバイス 武装神姫 猟兵型エーデルワイスのレビューです。

記念すべき武装神姫シリーズ第1弾ということでB1表記。
最近のメガミデバイスとしては箱のサイズはかなり控えめ。

デカールはいつもの瞳デカールに加えて頬紅や汗、トランプのマーキングが付属。
さらに今回は素体と武装状態で別々の手が付属します。

    

ティアラの金、首の緑、腰のベルトの黒が塗装済みパーツ。
白黒のカラーリングがメリハリがあって良い感じ。

歴代の中でも最大級の巨乳。
巨乳も相まって黒部分の光沢がボンテージっぽく見える。
元々使用カラーがそれほど多くないのもあって素組みでほぼ塗装見本と遜色ない完成度。


髪の毛は編み込みもきっちり別パーツで再現されている。
また大きなポイントとして耳がエルフ耳。編み込み部分も含めて今までになかった改造素体としても優秀そう。

    

表情は通常、照れ、気合の三種。
サンプルではキリっとしたかっこいい系の印象だったがかなりかわいい感じの表情。
ただ前向きの真面目顔がないのでパッケ絵の再現ができないのが残念。
FAGや他のメガミシリーズでもそうだがキリっとした顔の正面向きは必ず欲しいのでデフォで付けるようにしてほしい。

勿論素体の可動は通常通り優秀なので片膝も余裕でライフルもビシっと構えられる。

続いて武装状態。

    

軍人と騎士の複合のようなデザイン。
こちらも最近のメガミとしてはかなり大人しめなボリュームで武装形態への変更も比較的手軽。

上半身の交換パーツはそれほど多くないがその割りにガラっと印象が変わる。
特にヘッドギア部分の変更でお姫様から一気に軍事っぽい見た目に。

  

足はふともも下部から丸ごと差し替えてボリュームが一気に増す。
ブーツ部分がかなり大きいので接地性は非常に高く、更にかかとのアンカーギミックで安定性は文句なし。

ブレードアームを取り付け。
パーツ数はそれほど多くないが見た目はド派手でかっこいい。

アームは可動軸が6カ所もあるので自由自在に動かせる。
アームには通常の3mm軸が付いているのでM.S.G等も取り付け可能。

  

ブレードはアームガード付きの長、無しの短が2本ずつの計4本。
刀身から柄まで一体成型のシンプルなもの。

ライフル。ハルバード型の重剣が特徴的。
上部グリップ部分は左右に可動。
かなり細かく色分けされていて合わせ目もほとんど目立たない。

本体、武装の紹介は以上、以下ポージング。









最近のメガミデバイスにしてはパーツ数も抑え目で比較的組みやすく、かつ素組みでも非常に完成度が高いのでメガミデバイスというか美少女プラモ初心者の方にオススメできるキットですね。
予想ではかなりかっこいい感じをイメージしてましたが素体状態では非常にかわいく、武装状態ではかっこいいというメガミデバイスの良さが詰まったキットだと思います。
やはり一番残念なのは正面向きのキリっとした表情がないことですね。パッケ絵で飾る派なので再現できないのは痛い・・・。

以上、メガミデバイス 武装神姫 猟兵型エーデルワイスのレビューでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする