レビュー

Horizontal Scroll
  •  

発売予定

                

【レビュー】ゼノブレイド2 セイレーン【コトブキヤ】

ゼノブレイド2 セイレーンのレビューです。

ビジュアルだけ参戦のセイレーンがまさかのキット化。
箱自体は金剛並みの大きさですが厚みは最近のコトブキヤにしては薄め。

 

付属物。足りないラインや模様を補う金色デカールとスタンド。
スタンドはセイレーン様に長さや組み合わせを微妙に調整したもので市販のスタンドとは微妙に仕様が違います。

  

あまりゲーム内ではじっくり見れなかったフォルム。
劇中見た感じは白と金のイメージが強いですが結構それ以外の色も入ってます。

足がこの形状でランディングギア的な物もないので自立は不可能。スタンド必須です。

フェイス。アゴや目の部分は塗装済みパーツ。かなり小顔です。

バックパック前面、胸、股間アーマーにクリアパーツ。
胸部分は非常に小さいながらもちゃんとゾハル型の形になってます。

  

形状的に察しが付くかもしれませんがとにかく色々干渉しまくって可動には一切期待できません。
肘は90度、肩は水平ギリギリくらいまでしか動きません。
一応肩アーマーは可動しますがあまりはね上げ過ぎると顔の角に干渉します。

足もフロントアーマーが干渉して全く動かず。膝も画像の角度で限界です。
脚はボールジョイント接続ですがこれがめちゃくちゃ緩い。
ちょっと触っただけでスポスポ抜けて非常にストレス。

  

背部装甲とウイングが可動。ウイングが展開。

体高はフレームアームズのような1/100並みだが手足やフェイスのサイズ的には1/144並み。










荷電粒子照射器を取り付け。セイレーン本体より長い
如何にも可動しそうな形ですがグレーのアームは可動せず固定式です。
可動するのは腰の付け根とアーム先端の取り付け部分のみ。
左右対称に構えるのが難しすぎる。画像のも若干ずれてる・・・。

更にエフェクトパーツを付けてフル装備。
エフェクトパーツはPETシートに印刷。
奥行、高さ共に桁違いに大きくなるのでこの状態で飾るならかなりのスペースが必要。
あと保管方法を考えないと一瞬で埃まみれになります。

アームを差しかえて補助スタンドを接続し、発射形態へ。
補助スタンドのお陰で問題無く安定。
多少上下に角度を変えるくらいはできなくはないですが基本はこの状態で固定です。

以下ポージング。

FA等に比べると各部が小さいながらもパーツ分割は非常に細かくほぼ完ぺきな色分けです。
ですがやはりデカールを貼らないと見本に比べて物足りない感じはします。左右対称に綺麗に貼るのは中々骨が折れそうですが・・・。

あとはやはり可動ですね。もう色々干渉しまくりでまともに動きません。
まぁ個人的にはプロポーション優先で可動は死んでも構わないと思うんですがそれにしてもポロリがひどい。
特に足の外れやすさは異常でちょっと触れただけでもポロポロ落ちます。
まぁあまりこのキットでブンドドするような方は少ないと思いますがただポーズを決めるだけでも一苦労です。

更に言うとやはり金色の機体は塗装してナンボってとこがありますがこのキット、挟み込み構造だらけで合わせ目消しが非常にしづらい。
全塗装をする予定の方は覚悟した方がいいと思います。
色々困ったところの多いキットですがかっこよさは抜群なんでできればその内全塗装して仕上げたいですね。
これ出したんだしゼノギアスもどうにかならないですかね、ブキヤさん・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする