レビュー

Horizontal Scroll
  •  

発売予定

                

【レビュー】フレームアームズ 金剛【コトブキヤ】

フレームアームズ 金剛のレビューです。

アーキテクトのサイズを見ればわかると思いますが凄まじい箱のデカさ。
更にジィダオEA仕様の時より箱が厚い。間違いなくFA史上最大級のボリュームです。

    

まずは本体のみで。せり出した背中と腰が特徴的。
足ヒレの様な形状の足のお陰で接地性はかなりいいです。
構成パーツが多いので明らかに普通のFAより「重い」です。

 

デザイン画を見た時はこんなの立体化できるのかと思いましたが忠実に再現されています。
色分けもリベット部の黒以外完璧。ただリベットモールドが非常に多いので塗装する際はかなり苦労しそう。
あと手甲がバーゼラルドと同じデザインの特別仕様ですがデザイナーが同じというだけで設定的にバーゼラルドと何か関係あるということはないようです。

  

通常のアーキテクトの上から更に追加フレームを重ねる形で通常のFAより大型化しています。
肩や肘も専用関節に。手足の長さやバランスも通常のFAとは違うのでミキシングに使うのは難易度が高そう。

フェイス。アンテナはブキヤらしくうすうすのトゲトゲ。
強度はもちろん下手に力を加えると一発アウトレベルです。
緑のクリアパーツは珍しくフェイス内に埋め込む形ではなく開放されているので光を受けてキレイに光ります。

  

背中と腰の丸モールドはキャップになっており外すと3mm穴が。
ただど真ん中は使いにくいのでアーム等を取り付けるのが良さげ。

 

複雑な見た目ですが可動にはそれほど影響は無し。
ただし肩アーマーが可動しないので肩はほとんどあがりません。
下半身はむしろ普通のFAよりよく動くくらいですが膝アーマーや足の形状から膝立ちは厳しい。

デザイナーが同じバーゼラルドと並べてみる。
FAの中でも大き目の背が高めのバーゼラルドよりも更に大きく、何よりゴツイ。
サイズ感的には通常FAと玄武や白虎の丁度間くらい。

続いて武装へ。










  

艦艇モチーフの装甲。
大きい方の装甲は金剛の体高以上の大きさです。

  

装甲を装着。背部装甲が大きいのでやはり重心が後ろにいきますが足の形状のお陰でそこまで自立は難しくないです。
背部装甲を接地させてしまって支えにすれば安定するので飾る際はその方がいいかも。

光学式バズーカ。モナカ割りですが砲口が組み込むタイプの別パーツで合わせ目消しがめんどくさそう。
グリップは左右持ちどちらでも変更可能。

シールド。かなり細かく分割されています。こちらもバズーカに負けず劣らずの重量級装備。
バズーカと同じく左右どちらでも装備可能。

単装砲は基部が回転し、砲身は90度以上可動します。
内側のガトリングには可動は無し。

  

フル装備状態。
バズーカは抱えるように持ち。シールドは手首に接続。
専用関節とはいえ、肩の基部自体は普通のアーキテクトのボールジョイントなのでこの重量を保持するのは無理がありますね。
問題なのはバズーカよりも重心が外側にあるシールドの方ですぐに垂れ下がります。

続いてお待ちかねの変形です。

  

初お披露目の際、色んな意味で度肝を抜かれた巡航形態。
バズーカは肩に付けていますが普通に手に持たせても問題ありません。

船底がないので膝アーマーが引っ掛かってちゃんと置けないのはどうにかならなかったのか。
水中なら問題ないしスタンドで浮かして飾れということなのかもしれませんが。
ただスタンドで浮かそうにも接続穴が斜めな上に後ろの方についているので本体にもスタンドにも多大な負担がかかります。

以下ポージング。









久々の柳瀬敬之氏デザインのフレームアームズ。
デザイン画を徹底的に再現した驚異の完成度で非常にかっこいいです。
変形に関しては実物を見ればかっこいいパターンも若干期待していましたが個人的にはやはり微妙。この形態はもう使わないかな・・・。
しかし別に変形しなくても十分「海のFA」のイメージで完成してるんで特に問題は無いと思いますね。
ただ独特すぎるデザインとか特殊な仕様のフレームでミキシング等に使うにはちょっと難しい。ビームバズーカはロマン武器として使いたい所ですが。

以上、フレームアームズ 金剛のレビューでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする