レビュー

Horizontal Scroll
  •  

発売予定

                

【レビュー】HGUC 1/144 ナラティブガンダム A装備【BANDAI】

HGUC 1/144 ナラティブガンダム A装備のレビューです。

見た目通り箱もかなりのデカさ。

厚みもHGの体高並にあります。
ただ大型パーツがかなり多いので組み立て自体はそこまで細かくはありませんでした。

付属シール。ナラティブガンダム本体は頭部のカメラとセンサーのみ使用で他は全てA装備用。

    

フレームむき出しが特徴的なデザイン。非常にシンプルです。

腹部はコアファイターがむき出しの状態に。
キャノピー部分はクリアパーツ。

顔は目が結構埋まり気味で下からのぞき込まないとほとんどカメラアイは見えず。
カメラ、センサー類はクリパーツの上にシールを貼る形。

可動に関しては見た目通り干渉する物がほぼ皆無なのでこれ以上なく良好。
特に下半身の可動の一番妨げになる太腿のアーマーが全くないのでこのように正座ができます。

付属武器はビームサーベルが2本のみ。本体にサーベルをマウントする場所も無し。

主役機と並べてみる。サイズ感的にはνに近いが装甲がないだけあって一回り以上細身。

ニューガン顔と言われるが並べて見るとあんまり似ていない。
時代の問題もあるだろうがナラティブはかなりの逆三角形っぷりでシュっとしたフェイス。

お次はA装備。










他の大型MAタイプと比べるとボリューム的には並だがとにかくサイコ・キャプチャーが長い。
換装の際は本体のフロントスカートをハイメガキャノンに交換するだけで他にバラしたりする作業は無し。

脚部ブースターは本体に引っ掛けるような形で挟み込むだけでピン等による接続は無し。
一応それでもかなりカッチリははまっている。しかし脚は本体にぶら下がっているだけなので基本的には地面に設置した状態になる。
本体の足関節だけでブースターを浮かした状態にするのは不可能。

  

脚部スラスターは引き出しギミック有り。

プロペラントタンク、サイコキャプチャーは背部のアームで接続。
専用スタンドはナラティブ本体ではなくこのアームに接続する形。

サイコ・キャプチャーにはグリップがあり本体にそれを握らせる。
このアームは可動軸が4カ所あり柔軟にグリグリ動くのでかなりガチャガチャ動かしても全くポロリしないのが非常にストレスフリー。

サイコ・キャプチャーは長すぎて流石に垂れ下がるので専用スタンドが付属。

サイコ・キャプチャーはある程度左右に開く。
劇中では腕と連動してブンブン振り回していたがそれは流石に不可能。
一応背部アームから取り外せばポーズ自体の再現はできるが当然保持なんてできるわけないので何かしら支えは必要。

サイコ・キャプチャーは根元から基部をスライド、展開してキャプチャーフィールド発生モードに。
専用スタンドを使えば保持は問題無し。

更にアタッチメントを取り付けて90度角度を変えて捕縛状態の再現が可能。

大型ビームサーベル。もはやヤケクソ気味な長さ。
サーベルをつけた状態での全長は60cm以上ある。
しかしそれでもデンドロビウムの1mにはまだまだ及ばないと考えると恐るべし。

5連装中型ミサイルポッド。設定では回転するらしいが再現されず。
ミサイルの弾頭は一体成型。弾頭用の赤色シールが付くが弾頭の数は5×6=30枚。全部貼るのは中々の苦行です。

以下ポージング。

フレームむき出しの構造に小型デンドロビウムのような装備と初見のインパクト抜群のナラティブガンダムA装備。
ちなみにA装備の活躍は現在映画の冒頭24分が無料公開されているのでそちらで見ることができます。
・・・活躍してるかどうかは個人の判断にお任せします。
ナラティブガンダムはB装備のオプションのみがプレバンで発売が決定していますが個人的にはC装備が一番かっこよかったのでそちらも是非キット化して欲しいですね。

以上、HGUC 1/144 ナラティブガンダム A装備のレビューでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする