レビュー

Horizontal Scroll
  •  

発売予定

                

【レビュー】メガミデバイス SOLラプター【コトブキヤ】

メガミデバイス SOLラプターのレビュ-です。

SOLシリーズ新作。ラプター。
ホーネットも飛行タイプでしたが更に航空機のようなデザインに。

箱の分厚さが半端じゃない。ほとんどFAGと同じ高さです。
ランナー枚数はスタンドも入れると驚異の33枚。
しかしSOLシリーズのランナーを流用してる関係で数パーツしか使わないランナー等もあるのであまりが大量に出ます。

スタンドはブラック。そして今回は瞳デカールに加えて大量のラインデカールが。

    

素体モード。素体自体はシンプルですがやはり特徴は3房に別れたポニーテール(?)
見ての通りの長さなので自立のバランスはシビア。スタンド無しでもできなくはありません。

    

表情は通常、笑顔、泣き顔の3種類。

ウェーブのかかった髪の毛は細かいパーツ分割で再現。
ポニテを入れると髪の毛だけで12パーツあります。
FAGといいメガミといい髪のパーツが増加し続けてる気がしますがこのまま増え続けたらどうなってしまうんでしょうか・・・。

  

ポニテは基部が上下可動。
3房それぞれが回転することで風にたなびくようなポージングが可能。

素体自体はシンプルで干渉やポロリするような部品もないので可動は一切問題無し。

続いて武装モードへ。










  

両腕と両足、腹部の肌色部分を青色パーツに交換した後、武装を装着。内部までバラさないといけないのでかなり面倒。
背部ウイングが予想以上に大きく大迫力。膝ウイングも顔まで届く長さ。
塗装見本と違い赤ラインがないので見劣りするかと思いましたが素組でも十分な迫力。
パーツ自体にびっしりモールドが入っているのでスミ入れするだけでもかなり変わると思います。

肌色パーツのまま武装状態にすることも可能。

逆に素体をボディスーツ状態にすることも可能。

頭部はクリアパーツのバイザーだけでなく白パーツ部分も細かいパーツ分割がされていて情報量は抜群。

脚部分もパーツ分割できっちり色分け。基本的に赤ライン以外で色が足りてない所はありません。

    

膝を曲げる際に干渉しないよう膝ウイングには稼働ギミック有り。

踵部のローラーがランディングギアのように稼働。
これを使えば武装時でも自立できます。

背部ブースター。
内部スラスターは別パーツ。バーニアパーツは金色成型。

背部ウイングとバーニアはアームで可動式。
また基部、バーニア、スラスター、ウィングとそれぞれが軸接続で可動するので色々な形に調整できます。
ただし可動が多い分左右対称にセットするのが少し手間です。
またウイングには各所に3mm穴が空いているのでM.S.G等をマウント可能。

ブースター基部は鳥の頭を模したような形に。

続いて武装紹介。

ビームガン。グレー部分を白パーツ内部に挟みこむ形。
構造的に下側がきっちり閉まらず若干ズレるので接着推奨。

ビームハンドガン。普通のモナカ割り。

ハンドガンとブレードを合体させてトンファーの様な形に。

シールド。

ビームガンに追加パーツとビームブレードを取り付けてラプター用ビームガンに。

そこそこサイズがありますが腕にホールドするパーツが付属するので保持は問題無し。

最後にミミズク型ロボ。
こちらも武装状態のパーツをバラして組み立てないといけないので中々面倒。
シールド基部にミミズグを装着して腕に乗せているようなポーズ。

以下ポージング。

デザインのかっこよさで発売前から大人気のキットでしたが期待に違わぬ完成度でした。
ラインデカールの枚数を見た時若干引きましたが素組でも十分な迫力ですし細かいディテールがあるので墨入れだけでもかなり情報量が上がると思います。
問題はやはりランナーとパーツの多さですかね、ランナーを管理できないと一部位組み立てるだけでも宝探しを何度もするハメになります。

以上、メガミデバイス SOLラプターのレビュ-でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする