レビュー

Horizontal Scroll
  •  

発売予定

                

【レビュー】ヘキサギア アビスクローラー【コトブキヤ】

ヘキサギア アビスクローラーのレビューです。

ランナー数が多いのでその分箱はかなり分厚い。
御覧の通り同じ様な形状の足が6本あるので説明書に「×6」という文字が何度も登場して絶望する。組むのはかなり大変でした・・・。

ハイドストームのCランナーを流用してる関係で余剰パーツが山程でます。
定番の「ア」ランナーも半分以上のパーツが2枚分余る。

  

ヤドカリのような見た目が特徴的なデザイン。
フレーム構造のお陰でパーツ量以上に縦にも横にもデカイ。

脚は本物の節足動物と同じような構造になっており限界まで伸ばせばこんなことも。
この状態でも支え無しで自立してます。

足にはローラーがついておりタチコマのような走行形態にも。

  

バイティングシザース。
ハサミは折り畳むようにして可動。根元で回転する為縦向きにすることもできます。

外側がクリアパーツの刃で内側は鋏になっており開閉可能。

ICS(インベーションカウンターシールド)
腕の装甲を展開してエフェクトーパーツを取り付け。
上下それぞれ一体成型の為、組み換えで形状変更などはできません。










  

鋏部分は3mm軸接続なのでそのままFAに取り付け可能。
根元部分は5mm軸なので丸々取り換えるなら若干加工が必要です。
というかめっちゃかっこいいなこれ・・・。

フレイムスロワー。火炎放射器。
火炎放射器部分はボールジョイント接続ですが上下に少し動く程度。

 

ブラストリーコン。
ミサイルランチャーかと思いきや自爆するドローンを射出する武器らしい。

  

続いてガバナーを搭乗。背部フレームを開いて・・・。

ハンドルを握ってステップに足を乗せて搭乗完了。
ハンドルが可動しないので手首がすっぽ抜け安い。










続いて第二形態。ヤドカリから蜘蛛を模した姿に。
初めて変形させる時は若干苦戦しましたが慣れれば差し替えも分解もないので手軽に変形できます。

顔もしっかり蜘蛛らしく。

勿論この状態でもガバナーの搭乗は可能。
しかし体勢的に非常に辛そう。

ヘッドアンカー。
蜘蛛形態時の追加武装はこちらのみ。リード線接続だが先端が結構重い為リード線だけで浮かせることはできません。

以下ポージング。

ゾアントロプス・レーヴェはやられ役似合わないな・・・。センチネルを買ってこなければ・・・。

豊富な可動でプレイバリュー高めなアビスクローラーですがそれ以上に注目なのが部品取りキットとしての優秀さ。
今までヘキサギア用の部品取りキットといえばハイドストームが超優秀でしたが、アビスクローラーもハイドストームと同じCランナーが4枚、「ア」ランナーが2枚入り。
ハサミやシールドが付くことを考えればハイドストームより若干高くてもアビスクローラーを部品用として購入するのも十分有りだと思います。
総じて優秀なキットですが難点は組み立ての大変さ。足を六本分作るのは時間以上に精神力を削られます・・・。購入予定の方は頑張ってください。

以上、ヘキサギア アビスクローラーのレビューでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする