レビュー

Horizontal Scroll
  •  

発売予定

                

【レビュー】メガミデバイス 吾妻 楓【コトブキヤ】

メガミデバイス アリス・ギア・アイギス 吾妻 楓のレビューです。

メガミデバイス史上最大の箱の厚さというだけあってランナー数はなんと23枚。ランナーPとかいう文字は初めてみましたね・・・。
組み立ての際も色分けが優秀な分1パーツに使うランナーも多いのでランナー探すだけでも一苦労。

    

腹部、腰部、背中の赤は塗装済みパーツ。キャラクターイラストのプロポーション再現の為に通常の素体より肩、ふとももが延長されています。
胸部分の綱模様はデカール再現ですがちゃんとモールドは入っているので塗装できなくはありません。
特徴的な髪型が忠実に再現されていますがむしろ忠実に再現されすぎてて毛先がめちゃくちゃシャープ。破損が怖いです。

いつもの瞳デカールと本体、武器の綱模様と足りない赤を補うデカールが付属。

ハンドパーツだけで7種類。
また首に関しても通常の首、可動重視のパーツ、ドール服用の首を延長したパーツ、FAGの首取り付け用パーツ、figmaに楓の首を取り付ける用のパーツとやたら種類が多い。
パーツの管理が苦労しそうです。

マジカルガールやウィッチに付属したオレンジエフェクトとバーニアエフェクト用にブルーのエフェクトパーツも付属。

    

表情はすまし、微笑み、気合の3種類。真ん中が一応微笑みらしいんですがちょっとわかりづらいですね。
あと表情を変えるのに頭を取り外す際、どうしても前髪の細い所が折れそうで怖いので可能であれば磁石式等に改造したいところ。

後ろ髪は画像の所まで稼働。ただどちらかというと前髪の方が可動に干渉する場合が多いです。

ウィッチの通常素体と比較。肩が明らかに長くなっているのとフトモモがボリュームアップされているのがわかりやすい。

肩やふとももの変更は特に可動に影響は無し。サンプル画像の正座も問題なくできます。
ただふとももが太くなっている分腰部分が窮屈になっているので組む際は股関節を少し下に下げて組んだ方がいいと思います。

武装形態の前にコスチュームのみ取り付けた状態。頭部の髪パーツを「オキツネ」に付け替え。胸部パーツは装甲付きの物に交換。
腰部は前部を付け替えて布状パーツを前左右の3か所に取り付けて完成。布部分の可動は無し。
腰布は模様が入ってないのでデカールを貼らないとちょっと物足りない感じ。形態変更に結構バラさないと行けないので塗装する場合はあんまり気軽に変更はできなそう。









   

更に手足を換装。手足に関しては細かいパーツ分割でほぼ完璧に色分け。

  

腕の装甲パーツはデザイン通りの手甲付きパーツと可動重視の手甲無しパーツで選択可能。(ピンボケしててすいません)

膝は引き出し式の二重関節できっちり折りたためます。引き出し部のモールドもしっかり。

  

また足側面の装甲パーツは展開式。中にもしっかりモールドが入ってます。

    

背部ユニットを付けて完全武装状態。背部ユニットは正面から見るとそうでもないですが側面、背後から見ると結構デカいです。

ふくらはぎ裏と背部ユニットのバーニアにエフェクトが接続可能。

背部ユニットは可動して射撃モードに。

 

また背面も可動し、こちらにはバッテリーユニットが。バッテリーユニットは取り外し可能。

クロスギア「薄緑」。ライトを当ててるんで透けてますが実際はもうちょっと青いです。
大型の両手剣で剣にしては構成パーツも多いです。

柄が太くて持たせにくく、構える際も手首がスポスポ外れてかなりやりにくいですがちゃんと両手で構えさせることができます。

ショットギア「ヤシマ」
本体はモナカ合わせですが外装パーツのお陰で下から見ないと合わせ目はわかりません。
パーツ分割は細かいですがそれ以上に元デザインの色分けがえげつないのでデカールでも完璧には補いきれず。
塗装する場合はマスキング地獄必至です。
後部にバッテリーユニットがあり、こちらも着脱可能。

ライフルと言ってもかなり大型で重量もありますが腕にホールドするアタッチメントが付いているので保持はしっかり。
垂れ下がりもありません。

SPスキルギア「初音鼓」
超大型ライフル。FAの玄武のバズーカよりデカいです。
こちらもかなりの数のパーツで構成されており色分けもされていますが一部赤と綱模様はデカールで補う形。
こちらは下部にライフルと同様のバッテリーがなんと4個搭載。もちろん着脱可能ですが重量がエラいことに。
あとヤシマもこちらも銃身に謎の穴が。マウント用でもないし何の穴なのか不明。元デザインからだろうか。

ライフルと同じく腕にアタッチメントでホールド。
腕の関節が硬いのもあって保持はできますし垂れ下がってもきませんがちょっとの振動でプルプルします。
問題は腕の保持より持ち手、少しでも横に動かすとポロリ。ポーズを決めるのが大変です。









というわけで吾妻楓でしたが間違いなくメガミデバイス最新作にして最高傑作の出来だと思います。
忠実な再現っぷりはもはや執念すら感じるレベル。流石ブキヤですね。
しかし問題が全くないかと言えばそうでもなくパーツ分割が細かい分塗装殺しが多すぎる。各所がギッチギチなので塗装時はクリアランス処理は必須です。
あと髪がめちゃくちゃ干渉しますね。刀を振り上げるのに髪が邪魔なのが痛い。何かが髪に引っ掛かる度に折れないかとヒヤヒヤ物です。
しかしデカール全部貼るだけでも出来栄えとしては十分ですしアリスギアを知らない人でもオススメできると思います。

以上、メガミデバイス アリス・ギア・アイギス 吾妻 楓のレビューでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする