レビュー

Horizontal Scroll
  •  

発売予定

                

【レビュー】フルメタル・パニック!Plan-1055 ベリアル【コトブキヤ】

コトブキヤ Plan-1055 ベリアルのレビューです。

箱。2018年になって遂にベリアルもプラモデビュー。後はファルケとコダールが出れば・・・。

成型色はかなり薄目のグレー。非常にシャープな仕上がりになっておりシャープ過ぎて迂闊に触ると刺さる。慎重に取り扱わないと折れたり先端が潰れてしまうので注意。

色分けに関しては各所の薄いグレー部分が大分省略されているが素組みでも特に違和感を感じるようなことは無い。

プロポーションもベリアルらしい逆三角形のスタイルがかっこよくて文句無し。

付属品。アイザイアン・ボーン・ボウ。腕部機関銃。脇部バインダー展開用パーツ。スタンドジョイントパーツ。

手は武器持ち手、通常平手、手首に角度の付いた平手、、抜き手の4種類。抜き手は右手分のみ。

左右非対称のアンテナが特徴的な頭部。グリーンのカメラアイは塗装済みパーツ。アンテナの細長さがとんでもない。

ちなみにアニメ4期版のベリアルはツインアイではなくバイザー型なのであくまで原作版ということになる。

二重に重なるようになっている肩パーツや脇のバインダーなど干渉部分が多いので可動はかなり制限される。開脚もこれで限界。

各部の尖りっぷりも考えると他のASと違いガシガシ動かして遊ぶタイプではない。

 

膝部分の装甲にスライドギミック有り。足はヒールタイプでしかも細身なので接地性はかなり悪い。

 

脇部バインダーと背中のウィングは可動式。脇部バインダーは胴体と腕の間に挟む形で接続。

このキット用に新規で設定されたバインダーの展開ギミック。前側の装甲パーツ部分の接続ピンが丸出しになるのが気になる・・・。

 

40mm機関砲。装甲パーツを外して機関砲を挟むだけの簡単差し替え。

 

アイザイアン・ボーン・ボウ。展開するとベリアルの体高よりも大きくなる。

本キット最大の残念ポイントでスリット部分の赤色が省略されている。

腕部の動かしにくさもあって綺麗に構えさせるのが非常に難しいがこのサイズだけあって迫力は抜群。

股下にスタンド用穴がないのでスタンドを使う場合腰の装甲パーツを取り外して専用のジョイントを取り付ける。









プロポーションは完璧ですし合わせ目も比較的目立たない作りになっていて完成度は高いと思います。

特に顔がベリアル特有の線の細かさを再現していてかっこいい。

難点は上半身の可動の渋さとアイザイアン・ボーン・ボウの赤色くらいでしょうか。まぁ色は塗装すればいいんでしょうが。

ブキヤのレーバを持っていないので買って2体並べようかと思いましたがそろそろ最終決戦仕様が出そうな予感がするし10月にはBANDAIレーバが出るのでちょっと様子見。

以上、コトブキヤ Plan-1055 ベリアル レビューでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする