レビュー

Horizontal Scroll
  •  

発売予定

                

【レビュー】フレームアームズ 玄武【コトブキヤ】

フレームアームズ 玄武のレビューです。ちなみに正式名称は「シュエンウー」らしいです。

まずは箱から。箱絵は白虎と同じく新川 洋司氏のイラスト。当然ながら本体もデカければ箱もデカい。
縦横サイズはギガンティックアームズのアームドブレイカーと同じサイズです。流石に厚みは薄いですが。

轟雷と比較してみました。デカい(確信)

FAには珍しい曲線主体のデザイン。大量のプロペラントタンクと球体バーニアが目を引きます。
パーツの色分けはほぼ完璧で足りないのはプロペラントのラインと脹脛裏の緑くらい。
ただしここはイラストには色がないので塗装見本独自のカラーリングかもしれません。

轟雷との比較。全高もさることながら幅も厚みもあるので二回りくらい大きく見えます。

腰は上部と下部で別々に可動します。ただし可動するのは前のみで後ろに反らすことはほぼ不可能です。
左右には全く傾きませんし腰を回すこともできません。胴体の可動に関しては前に倒す以外ほぼ無いに等しいです。

腕の可動は良好で肩アーマーが邪魔になったりすることもありません。欠点としては水平には伸びないくらいでしょうか。
開脚はほぼ動かず左画像の時点で既に限界です。これ以上は広がりません。
脚の前後の可動に関してはそこそこ動きますが脹脛のアーマーの形状からして右画像程度が限界。ただ見た目から予想していたよりはかなり動かし安いと思いました。

脚装甲に開閉ギミックあり。内部にもプロペラントタンクがギッシリです。背中に四つ、両足に8つで全部で12個のプロペラントタンクを作ることになります。
球体バーニアも併せて同一パーツが多いのなんの・・・。

つま先と球体状の踵が別々に可動。パッと見安定性が悪そうですが接地性はかなりいいです。むしろ普通のFAより立たせやすいし転びにくい。
画像のようにつま先立ちのような形でも普通に自立します。

背中の球体バーニアはぐりぐり可動します。
プロペラントタンクも可動して角度を変えられますが正直ポージングの時に変な方向向くだけなんでここは固定できるようにして欲しかった。

顔はメットの下にツインアイ。見本画像でモノアイだと思った方が結構いるみたいですがよーく見ると左目も映ってます。
白虎系列ということで顔もそれに近いですね。

メットを外すと中にはドクロのような顔が。結構不気味。

メットの角は着脱可能で量産機風に。ちなみに肩の7Rは玄武の型番のX-7Rから。









続いて武器の紹介。レールガン。バーゼラルドのセグメントライフルの改良版らしい。このキット最大の不満点として武器が全てグレー成形です。
特に武器の塗装見本と現物の差異が大きすぎるのはコトブキヤの悪い癖ですね・・・。
右のトリガーガードのない持ち手は他のFA等に持たせる時用の交換パーツになります。

多目的ランチャー。左右で持ち替える場合、装甲パーツとスコープを左右入れ替えます。
グリップが前方向に折り畳み可能。

碩振熱剣。刀身部分はクリアパーツ。刀身がナノマシンの集合体で鞭のように変化するとかいう微妙にトンデモな剣。

本体がデカいだけあって武器もそれに負けず劣らず大きいです。

通常FAに持たせるとどれだけ大きいかわかりやすい。

武器は専用のアタッチメントで肩にマウント可能。マウント時は肩のプロペラントタンクを取り外します。

勿論剣もマウント可能。バーニア等が干渉する為真っ直ぐ背負うのは無理。

通常のフライングベースが使用可能。しかし流石にネジを強めに締めておかないと重さに負けます。

大きいだけあって大型武器を持たせても様になりますね。通常のFAに比べて軽々扱えそうな感じがします。実際に持たせた時の安定度も抜群。

最後にみんな大好きスパイラルクラッシャー(ダブル)。親和性の高さがすごい。モノアイにしたら完全にジオン系の機体に見えそう。
しかし肩は通常のFAと共通の物を使っているのでやはり重さがキツイ。ポーズをつけるなら関節強化は必須です。

以上、フレームアームズ玄武のレビューでした。非常に複雑なパーツ構成をしていて作っていても中々楽しいキットですし素組みの完成度も非常に高いです。
デカい分迫力もありますし組んでそのまま飾ったおくだけでも十分楽しめますね。
まぁ可動に関しては正直ほとんど動かないですがデザイン的にそこまで激しいアクションポーズ取らせるような感じではないので・・・。

しかし逆に塗装して完璧に仕上げようとなるとかなり難のあるキットになります。複数色のパーツが複雑に組み合うので後ハメ等が難しいところもありますし、
このキットはポリキャップ不使用でABSパーツがかなり多く使われているので塗装には気を使うと思います。
合わせ目消し必須なプロペラントタンクとか球体バーニアみたいな同一パーツも多いですし・・・。

総評としては「素組みならオススメ」で「塗装するなら覚悟が必要」というようなキットだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする